“.. Ain’t No Fun !!”
by Mark Drew / マーク・ドリュー

Term | 会期: 2017. Apr 14 – May 20, 2017
Opening Reception : Apr 14th (Fri) 19:00-21:30

Gallery will be closed from May 3 to May 6 for national holidays.
ゴールデンウィークは5月3日より6日までお休みとさせていただきます。

open : 11:00-19:00 (Tue-Sat)
Closed : Sunday, Monday, Holidays
オープン:火曜〜土曜 11:00-19:00 / 日月祝祭日 閉廊

Venue | 会場 : CLEAR EDITION & GALLERY, Tokyo
2F, 7-18-8 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 1060032, Japan
東京都港区六本木7-18-8-2F
tel : +81 3 3405 8438

exhibition catalogue PDF : CATALOGUE_DREW


“The 90s rap music I surround myself with is made up of layered samples from older music (and often a different genre). Taking a drum beat from one record, and adding a vocal or riff from another to form something new. To paraphrase RUN-DMC: making something out of nothing, or expressing yourself with what you have readily available. I grew up with Peanuts, both they and early hip hop culture are at the core of my character. My art practice follows a pre-2000s hip hop approach, visually sampling and re-presenting these unrelated and personally nostalgic things as one unified series.” – Mark Drew

「ぼくが好きで聴いている90年代のラップミュージックはさらに古い音楽(多くの場合他のジャンル)から抽出した幾重ものサンプルの上に成り立っている。ドラムビートを一つのレコードから、ボーカルやリフをさらに違うものから取ったりして新しいものを組み立てる。言い換えるとRUN-DMCが歌ったようにMaking something out of nothing(無から有を生む)、もしくはすでに近くにあるもので自分を表現をすること。ぼくは幼少の頃からピーナッツのキャラクターが近くにあったし、これと初期のヒップホップカルチャーがぼくという人間のコアを構成していると思う。作家としての表現ではゼロ年代以前のヒップホップのアプローチに沿っていて、関連のない自分にとってノスタルジックな物をビジュアル要素としてサンプリング、再構築して提示している。」
– マーク・ドリュー


Mark Drew / マーク・ドリュー

An Australian artist based in Tokyo since 2009, and co-founder of China Heights gallery (Sydney, AU). His artwork revolves around pop culture references, 90s rap samples and the visual side of music.

2009年より東京を拠点にしているオーストラリア人作家。シドニーのChina Heights Galleryの共同創設者です。