“EDEN”
by Melissa la O’ / メリッサ・ラ・オー

Term | 会期: 2017. Nov 10 – Dec 2, 2017

Opening Reception :  Nov 10 (Fri) 19:00-21:30

open : 11:00-19:00 (Tue-Sat)
Closed : Sunday, Monday, Holidays
オープン:火曜〜土曜 11:00-19:00 / 日月祝祭日 閉廊

Venue | 会場 : CLEAR EDITION & GALLERY, Tokyo
2F, 7-18-8 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 1060032, Japan
東京都港区六本木7-18-8-2F
tel : +81 3 3405 8438

Press release : 2017_PRESSRELEASE_melissa

artsy :


 

この度CLEAR EDITION & GALLERYではマニラを拠点にしている作家メリッサ・オーの日本初個展を開催 いたします。レセプションに合わせて作家も来日いたしますので、この機会にぜひご高覧ください。また展覧会 にあわせ、NYを拠点にしている批評家Jeppe Ugelevig氏が下記のコメントを寄せてくださいました。

「メリッサ・オーはマニラを拠点にしているフィリピン人作家です。90年代にロスアンゼルスのSCI- ARCで建築を学んだのち、ニューヨークのコロンピア大学に進学しデザインや建築、アートやサイエ ンスといった分野横断型のプロジェクトに関わりました。

オーの作風は様々な分野から派生した技法をベースとしており、作品は空間と場所性に対する問い かけ、そしてその表現を念頭に行われております。大型の油絵は自然風景を抽象化したものであり、 水源やそこの植物、自然と積み上がる堆積物、そして時には彼女が拠点にしているフィリピンの熱 帯風景を反映しております。このようにしてオーは風景画の文脈に自身を位置づけながらも、牧歌 的な自然風景に対し批評的なアプローチを試みております。オーを通して構成要素ごとに分解され た自然は、鑑賞者の潜在意識を刺激するヒントを含んでいるのです。」

– テキスト/ Jeppe Ugelvig(批評家)

—-

CE&G is pleased to announce the rst solo exhibition in Japan by Makati City (PHI) based artist, Melissa la O’. The artist will be present in Tokyo during for the reception. Below is a text by NY based art critic Jeppe Ugelvig, on la O’s work.

“ Melissa la O’is a Filipino artist based in Manila, Philippines. Trained an architect, she completed her studies at the SCI-Arc School of Architecture in Los Angeles in the 1990s, continuing to Columbia University in New York, after which she oversaw several international projects at the intersection between design, architecture, art, and science both in Manila and abroad.

la O’s painterly practice departs from this cross-interdisciplinary methodology to broadly inquire into questions of space, place, and the possibilities of representation. Her large-scale works in oil depict abstracted scenes of nature, suggesting expanses of water, vegetation, and natural sediments, sometimes in direct reference to the tropical lands of her native Philippines. In this way, la O writes herself into the global and diverse histories of landscape painting, critiquing the pastoral romanticism of scenes of nature. Under la O’s treatment, nature is processed instead in architectural terms, deconstructed into indexical and organizational com- ponents, hinting to the viewer at the indexical impulse in all human perception of the non-human.“ – text / Jeppe Ugelvig (art critic)

“ 藝術家Melissa la O’來自菲律賓馬尼拉,她擁有建築訓練的背景,1990年代她先後於洛杉磯南 加州建築學院、紐約哥倫比亞大學完成學位,在那之後,她從事的領域橫跨設計、建築、藝 術、科學等。

la O的繪畫創作起始於她在跨領域嘗試當中摸索出的方法論,以回歸平面繪畫的方式對於空 間、所在等概念提出疑問,也提出再現的可能。她的大型油畫創作以抽象手法刻畫自然景觀, 畫面中可見水、植物、自然沉積物等意象,有時也可以見到來自她原生地菲律賓的熱帶地 景。La O 透過繪畫探究地景畫繪的史觀與情境,對於浪漫的、充滿寧靜田園感的自然景觀描繪 提出批判,在La O的繪畫當中,被後製的主題是自然,而非建築,自然被解構成可分門別類、 組織化的項目,暗示著人類嘗試透過自身感知能力,嘗試將「非人之物」系統化的行為。”

– 文字/ 藝評 Jeppe Ugelvig

lao_studio