Article of last summers talk session
MADSAKI x Oyama Enrico Isamu Letter has been updated.
Sorry the article is in Japanese only.

昨年の夏行われた対談
MADSAKI x Oyama Enrico Isamu Letter」がアップされました。

世代が異なる2人に、80年代のNYのお話しや作家としての制作スタンス等幅広い内容でお話し頂きました。
充実の内容となっております。是非ご覧ください。

対談:MADSAKI x Oyama Enrico Isamu Letter

 

MADSAKI 

’74年大阪生まれ. ’80年に渡米し、25年間をニューヨークで過ごす. 80年代から90年代にかけてのニューヨークの街がもっとも活気に溢れた時期に、アート/ミュージック シーンの強い影響を受け、アーティストを志す. ’96年にParsons School of Design, Fine Arts 卒業.

’99 – ’01の3年間、創作活動を一時休止. ニューヨーク・バイシクル・メッセンジャーとして生計を立てながら、メッセンジャー・カルチャーを満喫する. ’01年にはアート集団 Barnstormersのメンバーとしてアート活動を再始動し、アーティストとしての知名度を上げる.

’04年、活動の拠点をニューヨークから東京に移す. 直後にUndercoverのデザイナー高橋盾と ”INTERMISSION” を共作し、その存在が一気に日本にも知られることとなる. また、ニューヨークから持って帰ってきたフィックスド・バイクを東京でも乗っていたことが話題となり、はからずもフィックスド・バイクの伝道師的存在としてもストリートに名を広めることになる.

テーマ/コンセプトに基づいて作品を製作する為、彼の作風は個展を開催する度に変貌する. 敢えてスタイルを持たないことがMADSAKIのスタイルであり、哲学でもある. その独自の感性から生み出される唯一無二の作風に対する評価は、日本だけでなくアメリカ、オーストラリア、アジアなど海外においても高く評価されている.

アーティストでありながらも、Disneyやadidas Originalsといった多数の大企業やブランドとボーダーレスにコラボレーションをするなど、グラフィック・デザイナー/クリエイティブ・ディレクターとしても幅広いジャンルで活躍中. ’13 – ’14年度のVans OTW(U.S) スポンサード・アーティストにMADSAKIが選ばれる.

また、倉石一樹氏と廣山直人(Orange Range / delofamilia)が率いるユニット “is and ism” のギターリストとしても活動中.

Madsaki would be considered an outsider even if he wasn’t painting on walls. Born in Osaka, raised in New Jersey, and schooled in New York City, Madsaki’s prolific career began when he traveled to the American south with the Barnstormers—an influential artist collective. Madsaki eventually returned to Japan, where he went on to become one of the most successful artists and designers in the country.

In addition to his artwork, Madsaki has worked on countless collaborations, designing shoes, bicycles, skis, eyewear, apparels, concept shops, and pretty much everything else you can think of. He’s teamed up Disney, adidas Originals, and the influential fashion designer of Undercover, Jun Takahashi.

Madsaki’s aesthetic sensibility oscillates between the different cultural influences that have shaped him. His style can range from bright and cartoony, to hard and abstract. While his artwork has evolved tremendously over the years, his personality remains decidedly constant. In conversation Madsaki still sounds like a tough kid from New Jersey. What remains consistent is him—which has been true all of Madaski’s life.

 

 Oyama Enrico Isamu Letter / 大山エンリコイサム

美術家。1983年、イタリア人の父と日本人の母のもと東京に生まれる。慶應義塾大学卒業後、東京芸術大学大学院修了。「Quick Turn Structure(急旋回構造)」という独特のモチーフを軸に、ペインティングやインスタレーション、壁画などの作品を制作・発表する。また現代美術とストリートアートを横断する視点から、論文執筆やシンポジウムへの参加も並行して行なう。2011年秋のパリ・コレクションではCOMME des GARÇONSにアートワークを提供するなど積極的に活動の幅を広げている。主な展示に「あいちトリエンナーレ2010」(名古屋市, 2010)、「Padiglione Italia nel mondo : Biennale di Venezia 2011」(イタリア文化会館東京, 2011)、「Still Spot」(Skylight Gallery, New York, 2012). など。共著に『アーキテクチャとクラウド―情報による空間の変容』(ミルグラフ, 2010)、論文に「バンクシーズ・リテラシー――監視の視線から見晴らしのよい視野にむかって」(「ユリイカ」2011年8月号、青土社)など。アジアン・カルチュラル・カウンシル2011年度フェローシップ(ニューヨーク滞在)。

 

Born in Tokyo, 1983, from an Italian father and a Japanese mother.

Keio University (Bachelor), Tokyo University of the Arts (Master).

His most recent works are based on the motif which Oyama calls “Quick Turn Structure”, ranging from paintings to installations and murals. From his distinct perspective across contemporary art and street art, his practice also expands to critical writing, lectures, symposiums and commission works, namely, his most recent one for COMME des GARÇONS in Paris Collection 2011.