Solo Exhibition

Select the Right Bad Picture
by Dina Gadia / ディナ・ガディア

Term | 会期: 2015. June 5 (Fri) – July 4 (Sat.)
Opening Reception  : June 5th (Fri) 19:00 – 21:30

open : 11:00-19:00 (TUE-SAT)
closed : Sunday, Monday, Holiday | 日曜、月曜、祝祭日

Sundays : RSVP contact us at contact@clearedition.jp
日曜日は完全アポイント制での開廊となります。

Venue | 会場 : CLEAR EDITION & GALLERY, Tokyo
2F, 7-18-8 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 1060032, Japan
東京都港区六本木7-18-8-2F
tel : +81 3 3405 8438

About the artist / 作家詳細 : Dina Gadia

Press Release : GADIA_pressrelease

Artsy page : clear-edition-and-gallery-select-the-right-bad-picture-by-dina-gadia


ENG follows

この度CLEAR EDITION & GALLERYではマニラを拠点に活動をしているフィリピン人作家、ディナ・ガディアの日本初個展を開催いたし ます。

ガディアは大衆向けのフィクション作品に登場する写真や絵の間を彷徨いながら、異なるソースに繰り返し登場するモチーフやテーマを 探し求めています。常に「正しく間違った絵を選ぶ」必要性に直面しながら切り取られたモチーフを編集しながらガディアは作品を制作し ていきます。

彼女は元のコンテクストでは見逃されてきたディテールを抜き取り、それを作品に配置もしくは使用します。ガディアの作品はキッチュな 新しい意味を我々に示し、歴史的な重みすら感じさせます。「この画像は、この別の画像とはほとんど無関係でありながら、合わせると新た な意味を我々にしめすのです。」と彼女は語ります。

画像のコピーがとられる過程で予想外のディストーションが生まれ、美しい顔はフランケンシュタイン博士しか愛せない醜いものに変形し てしまったりします。ガディアの手仕事は歪んだマニフェストの結果であり、過去に完全な状態で存在していたイメージの断片が積み重な った結果なのです。その全てが皮肉とウィットが満ちた作品としてアウトプットされます。

——

CLEAR EDITION & GALLERY (Tokyo, JAPAN) is proud to annouce the first solo show in Tokyo of Dina Gadia, one of the most prominent emerging artist from the region.

Gadia sifts through pulp culture in search of recurring themes from disparate sources. Always compiling, her work has been cut out for her. At each opportunity, Gadia is obliged to SELECT THE RIGHT BAD PICTURE.

Her art is a mastery of the overlooked detail removed from previous context, and then placed front and center in the work. Gadia’s work gives kitsch new meaning, and perhaps a historical weight–“this is an image that is tangentially related to this other image; together they mean something completely different.”

Through the process of copies made, unexpected distortions occur. A pretty face may into one only Dr. Franken- stein could love. Gadia’s handiwork is a manifest in the obtuse angles, in the overlap of what were once fine features. Each alteration is tongue-in-cheek, and always dripping with wit.