Exhibition

Solo Exhibition

by Éi Kaneko

 

2014.1.10 – 2.1, 2014
Opening reception Jan10 Fri 19:00 – 22:00

Venue : CLEAR EDITION & GALLERY
2
F, 7-18-8 Roppongi, Minatoku, Tokyo
東京都港区六本木7-18-8 岸田ビル2F
MAP >> 

tel +81 3 3405 8438

 


Biography/CV:

ÉI KANEKO

b . Tokyo Japan, 1983 lives and works in Tokyo, Japan
1983年東京生まれ、現在も東京を拠点に活動中

selected exhibition( 展覧会抜粋)

2012“男性について / Masculinity”, 成山画廊 Gallery Naruyama, Tokyo, JAPAN
2011“where the spirit returns”, THE LAST GALLERY, Tokyo, JAPAN

selected featured publications

Domestic / 国内:  “LIBERTINE DUNE”  “GQ”
Internationa(海外):  “TRAM NOIR”  “LIGATURE MAGAZINE”


1983年に東京で生まれ、現在もここを拠点に活動している日本人作家のEi Kanekoは、コラージュの様な作品群 で知られております。彼が作品のモチーフとして選ぶ画像(主に人物または動物)はインターネット、雑誌など身の回 りで掘り出され、それを編集/部分的にサンプリングしたものを組み合わせて制作します。完成した作品はいわばア ナログなフォトモンタージュであり、様々な時系列、場所(ドメイン)から拾われたこれらの画像は鉛筆と紙を通し、同 一次元(紙面)に共存する新しいイメージへと昇華いたします。

写真はKanekoの作品において極めて重要な位置をしめます。ただし主眼にあるのはサンプリングしたモチーフそ のものが持つ意味や、それが象徴する何かを伝えることではありません。彼は画像を1つの平面に再構築し、そのル ーツや意味を消失させながらも「新たな存在」を作り上げるのです。

Kanekoが発する言葉に耳を傾けると、彼の平面をモノとして捉える姿勢から「空間」に対する意識とこだわりが垣 間みれます。今回の個展では、従来の手法での作品ととももに、参照画像が元来持つイメージとの繋がりをさらに希 薄にしながら、組合わさることによって生まれる抽象的な空気感を表現した新作群を発表いたします。
Ei Kanekoの新たな挑戦を是非、ご高覧くださいませ。

Born and currently based in Tokyo, Ei Kaneko is known for his distinctive “collage-like” graphite drawings. The motifs (often being people and animals) which are edited by him, are found on the internet, from magazines and other mediums surrounding him. The completed works are an analogue version of a photo-montage, where various images from various time spans and places (ex domains) come to one on a single dimension(paper) through the tips of his pencils.
Photographs (often found) play a significantly important role in Kaneko’s works. However the main objective of using such sampled images are not to portray the symbolic meanings of the motifs. He reconstructs the images while demolishing their original meanings and roots, creating a “new existence”.
Listing to the words by kaneko, you will notice his attention towards the use of space and sculpture aspects. Through this exhibition we will be presenting his well known series of graphite collages, along with his new attempt to create an abstract atmosphere by using a combination of the sampled images taken and edited even further away from their original meanings.